有料老人ホームぬくもり

とある日常の出来事

投稿日:

経 緯

これは、少し前のある入居者さんのお話です。

 

 

この入居者さん(Oさん)は、施設内でのイベントで見事に「優勝」する事が出来ました。

 

「優勝者」には記念品の贈呈をする決まりになっており、

 

すぐに”Oさん”に優勝を告げ、記念品を贈呈しようと思いましたが、

 

タイミング良く、1週間後、東京に住んでおられるお孫さんが、面会に来ると連絡が入りました。

 

すると職員の1人が「お孫さんが来たときに、表彰したい!」と言い出しました。

 

”Oさん”は、施設内では一番の高齢(102歳)ですが、

 

「それでも優勝したことは凄い事だと思う!だからお孫さんに見せてあげたい!」という事でしたので、

 

お孫さんが面会にいらっしゃる日まで、記念品の贈呈は延期にすることにしました。

 

込み上げた「感情」

ついに、お孫さんが面会にいらっしゃいました。

 

私達はこの日まで、ひた隠しにしていた記念品賞状を持って、食堂で話すお二人の元へ。

 

久しぶりの面会に頬を緩ませながらお話をしている”Oさん”に

 

若干空気読めない感じでw

 

「優勝おめでとうございま~~~す!!!」

 

「表彰状、”O殿”。あなたは・・・・・・」と表彰状を読み上げ、

 

 

「本当におめでとうございます。お孫さんに良い所見せられて、良かったね(´艸`*)!!」

 

「んだなぁ」(そうだなぁ)

 

「”Oさん”が優勝するのは凄いことだから、記念撮影しようよ!」

 

と、ドンドン話を進めていきました。(今となってはちょっと強引だったかもしれません)

 

急な展開によく分からない様子の”Oさん”

 

その後しばらくお孫さんも交えてお話していると、”Oさん”の目にが・・・。

 

(アレッ!?なんか変な事言っちゃった!?)

 

と内心ドキドキして、

 

「”Oさん”どうしたの?なんか嫌な事言っちゃったかなぁ?」と聞くと

 

「嬉しいじゃ。わぁ(私)、今日は本当に嬉しい事ばかりだじゃ・・・。」

 

お孫さんの急な来訪と(”Oさん”にはビックリさせようと思って直前まで伝えていませんでした)、

 

私達の突然の表彰が重なり、嬉しくて気持ちが抑えられなくなったとお話してくれました。

 

カッコつけるわけじゃないけれど、

 

私達、福祉従事者にとって”これほど嬉しい事はない”と思います。

 

”Oさん”。

 

本当に、おめでとう。

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

本間 闘士(とーし)

有限会社 津軽サポートが運営する「老人ホームぬくもり」の管理者。管理者をする傍ら、社内でのパソコンに関する事も担当しているが、独学の為、未だ勉強中。

-有料老人ホームぬくもり

Copyright© 津軽サポート公式HP , 2021 All Rights Reserved.